RKの備忘録

趣味や仕事などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【お題】IT系ベンチャーで働いている理由

はてなブログにはお題と言う機能(?)があるらしく、せっかくなので運営者側の希望に載ってかけるときはお題に基づいて更新していこうと思います。

 

さて、今週のお題「今の仕事を選んだ理由」になります。

 

現在、IT系のベンチャー企業で働いております。

そろそろこの会社に残ってキャリアをさらに積むのか、転職するのか真剣に考えてみようと思っていますが、「なぜ」いまの会社で仕事をしているのか書いておこうと思います。

 

前回転職したのが約2年前です。

 

この転職をした経緯は会社の経営状態が悪化し、大規模なリストラを行ったからになります。

「大規模なリストラを行った」と聞くと希望退職に応じたようにも見えますが、本社で希望退職を募ったり、不要な人員の洗い出しを行うなど経営者側にてリストラ担当しました。

約3ヶ月で事務職員の多くに退職を勧奨し、残った従業員の給与も大きく引き下げるという荒業を行ったため、給与を引き下げた2ヶ月目の給料日後に多数の退職届が出されたことを今でもよく覚えています。。

 

このときに感じたことは、普段は従業員が大事だと都合のいいことを言いますが、最終的に会社は従業員を守ってはくれないということでした。

 

私自身はリストラの対象外でしたが、この経験から自らがキャリアアップできるところへの転職を考えました。

 

転職活動では大体10社ほど受けました。

大企業からITベンチャーまで対象を広げましたが、幸い若いこともあり現在の所属以外からの内定を頂くことができました。

 

そこで、転職を決めた現職が給与が一番低かったわけですが、最終的に決めた理由は次の通りです。

①ITベンチャーで成長しており、成長過程の企業を経験してみたかったこと

②21世紀になってITが社会を変えており、ITに可能性を感じたこと

③会社に頼らない生き方を目的とするなら、他社へ転職や独立することができる経験を積めること

 

現職は賞与の保証がないため、他社の方が額面で200万円近く高かった(結果賞与が出たので150万円ぐらいの差ですが)ため、他の内定先の紹介会社からかなり考え直すように言われました。

 

今は、①③が満たされているので満足していますが、いかんせん給与が低いので給与にもこだわって転職したいと思ったりしていますが、給与に縛られると可能性を潰すので・・・。

 

とはいえ、満足しているわけではないのでタイミングが合えばさらにステップアップしえいきたいと思っています。