RKの備忘録

ITベンチャーで特命業務を担当しています。日々の生活や趣味・読書(主に法律関係)などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【映画】「詩季織々」(2018年8月4日公開)を鑑賞してきました。

新海監督の作品で知られるアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作が公開されましたのでテアトル新宿まで鑑賞に出かけてきました。

詩季織々 [DVD]

詩季織々 [DVD]

 

 

【基礎情報】

作品名「詩季織々

公開:2018年8月4日

ストーリー(あらすじ):

 「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」のショートストーリー3作によって構成されています。

 

【感想(ネタばれあり)】

①「陽だまりの朝食」 

 北京で働く青年が食(ビーフン)を軸にこれまでの人とのつながりを考えるという本作。故郷でのサンセンビーフンが美味しそうに描かれており、ビーフンが食べたくなります。

 

②「小さなファッションショー」

 トップモデルとその妹の関係を衣(ファッション)を通じて描いた本作。

 妹には知られないように努力し、モデルと良い姉のポジションを確保したい姉とふとしたことですれ違うものの姉のことを考える妹という姉妹愛が描かれています。

 

③「上海恋」

 秒速5センチメートルのオマージュ作品。

 少年時代に石庫門で仲良く過ごしていたリモとシャオユ。シャオユが遠くの高校を受験すると聞き、リモも同じ高校を受験しようと決意する。

 シャオユにそのことを伝えず勉強するリモに対して、シャオユはリモに対して受験をしない(行かない)ということをテープで伝えるが思いが届かず、時間が流れてからその思いを知る。

 リモのシャオユに対する思いが、すれ違いを生む男女の考え方の違いと同時に同時に不合格になったらシャオユにカッコ悪いというリモの気持ちも十分理解できた。

 

 秒速5センチメートルに影響を受けたということから最後は出会えないものと思っていたら、リモとシャオユが再開するシーンが最後に登場するのでハッピーエンド(?)に一応なっています。

 

③全体

 ショートストーリーなので1つ1つは短いですが、心温まる作品ではあります。3作ともにハッピーエンドの終わりになっているところは新海作品との大きな違い(笑)。

 コミックス・ウェーブ・フィルムの作品ということで街並みが綺麗に描かれており、上海に行ってみたくなりました。(テアトル新宿には原画とロケハンの写真が比較してありました。)

詩季織々 [DVD]

詩季織々 [DVD]

 

 

【書庫】「第3版 予防・解決 職場のパワハラ セクハラ メンタルヘルス」(日本加除出版)第

以前、内部通報窓口の担当者をやっていましたがパワハラ・セクハラの相談が寄せられることが結構ありました。

当時はパワハラ・セクハラの相談→調査→解決(処分・異動など)についてそれぞれのフェーズで頭を悩ませておりましたが、今後のことを考えて1冊読んでおくことにしました。

 

【書評】

パワハラ・セクハラ・メンタルヘルスについて雇用上の責任と防止措置義務・被害者への対応についてまとめた本書ですが、個人的には、パワハラ・セクハラの相談を受ける方は一度読んでおくべきものかと思いました。

本書の内容として

  • 厚生労働省人事院の報告書などから、具体的なパワハラ・セクハラ・マタハラの要件を引用しており定義が明確であるとともに具体的であること
  • 具体例として多くの裁判例を取り上げるとともに、ポイントとなった事実(対応)についてコメントを付しており初学者でも理解すべきポイントが明確であること
  • 必要に応じて書式などの引用もありビジュアル的に分かりやすいこと
  • 現代社会の課題(コミュニケーション不足・成果主義)により、ハラスメントが発生しているとして、ハラスメント対策が単に法令上の義務に基づくから取り組むものではなく、生産性や働きがい(働きやすさ)の改善につながり企業の成長につながることを明確にしていること
  • 第4章において、パワハラ・セクハラの相談を使用者(相談窓口の担当者)が受けた場合に取るべき対応について記載がされているが、対応完了までの目標となる期間(自社の窓口の場合で1ヶ月、外部の法律事務所が窓口の場合でも2カ月以内)が示されていること、相談→調査→解決の各フェースごと注意点が網羅されており、窓口の者が理解しておくべき対応手順について簡単に理解できること

が特徴としてあげられます。

 

セクハラ・パワハラ・マタハラについては、用語としては認知度が高いものの、その要件や定義については厚生労働省の報告書と裁判例の積み上げにより外縁を画してきました。

その意味では、報告書や裁判例を適宜取り上げており、かつ解決へ向けての手順の注意点を示している本書はこの分野ではスタンダードな入門書になり得るのかもしれません。