RKの備忘録

ITベンチャーで特命業務を担当しています。日々の生活や趣味・読書(主に法律関係)などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【書庫】「エッセンス景品表示法」(商事法務)

景品表示法に関して摘発事例が多いことから、ざっと復習するための本を探していたところ手ごろな厚さのもの「エッセンス景品表示法」を見つけて購入しました。

 

 【書庫】

消費者庁に勤務された古川先生により執筆されており、景品表示法に関して消費者庁の担当部署が監修している誰もが知っている「景品表示法〔第5版〕」を読む前の入門書としての位置づけになります。

特徴としては次の部分があげられます。

  • 法やガイドラインの引用は最小限にして初学者でも分かりやすいようにする。
  • 最新の執行事例を取り上げており「景品表示法〔第5版〕」には掲載されていない最新の執行事例についての景品表示法に関するあてはめを学ぶことが出来る。消費者庁が積極的に有利誤認・優良誤認について法を執行をしている中では、過去のものを学ぶことも重要ですが最新の内容を理解しておくことは重要です。
  • 供給主体・表示主体が誰なのかということを各事例で取り上げており景品表示法における表示の検討ルールを理解することができる。
  • 各種キャンペーンで問題となる景品規制についても最新の事例(消費者庁に移管されたのちに執行事例がないため、各企業が訂正したもの)を取り上げている。

入門書ではあるものの景品表示法の主な論点網羅しているので本書を読み解きエッセンスを資料化すれば簡単な研修資料を作成することも可能です。

個人的には

  • 東京高裁平成20年5月23日(平成19年(行ケ)第5号〔ベイクルーズ事件〕)をもとに表示行為者の類型を示しており、①自らまたは他の者と共同して積極的に表示の内容を決定したもの②他の者の表示内容に関する説明に基づきその内容を定めたもの③他の事業者にその決定をゆだねた者(自ら表示内容を決定できる場合のみ)のいずれかに該当する場合に表示行為者に該当するとして、最新事例やフランチャイズの事例の表示行為者を示している

点にはこれまで疑問に感じていた部分について一つの解が示されたように感じました。

 

新任担当者として景品表示法を勉強する場合も景品表示法を復習するという場合も利用できるので決して分量が多いわけではないですが良い本だと思います。

 

エッセンス景品表示法

エッセンス景品表示法

 

 

【映画】「GODZILLA決戦機動増殖都市」(公開2018年5月)を鑑賞してきました。

昨年の秋に第1作が公開されたアニメ「GOZILLA」三部作の第二作目の公開が始まりましたので劇場で観てきました。

 【基礎情報】

作品名「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

公開:2018年5月18日

ストーリー(あらすじ):

ゴジラに支配された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだ人類は勝利するが、地中深くから巨大なゴジラ・アースが現れ、その圧倒的な破壊力に大敗を喫する。仲間たちとはぐれたハルオは、人類の生き残りと思われるフツアの民に助けられる。やがて、彼らの武器がかつて対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものからできていることが判明し(Yahoo!映画) 


なお前作の感想はこちらからになります。

【映画】「GODZILLA怪獣惑星」を鑑賞してきました。 - RKの備忘録

 

【感想(ネタばれあり)】

前作ではゴジラの亜種を倒したところ真打のゴジラアースが登場し焼き払うところで終わりましたが、その直後から本作はスタートします。

 

人類の生き残りと思われるフツアの人々が武器に利用している素材が、20年前(地球時間では2万年前)に最終決戦兵器として開発していたメカゴジラの素材であるナノメタルということが分かります。

ナノメタルは2万年の間自己増殖をし続けることにより、大規模なメカゴジラシティと呼べる規模のプラントに成長しており、ナノメタルを利用したバウチャーという機体とメカゴジラシティを用いてゴジラアースと戦うというのが本作になります。

 

宣伝ではメカゴジラが「起動する」という形で描かれていますが、正確にはナノメタルを用いてゴジラと対峙するのみで多くの人が想像するメカゴジラそのものは登場しません。

第1作に搭乗した主要な人物は無事にゴジラアースの攻撃から生き残っており本作にも登場します。

ユウコは先輩のハルオに対して尊敬と恋心があり、その模様も描かれています。どうでも良いのですがユウコって胸が大きいんですね…

ナノメタルに同化しつつあるユウコをみてハルオは、特攻作戦の遂行を思いとどまりますが、これまで多数の被害を出してきた作戦の指揮官としては身近な女性とはいえ1名のために大目的のゴジラ退治の機会を失うのは疑問もありました。

 

ゴジラを討伐する主人公ハルオとその周囲の人の人間模様が多く、もはや登場する怪獣がGODZILLAであることに意味があるのかと感じる部分はあります。

普通のSFアニメっぽいところもありますが、第1作の怪獣惑星よりも個人的には楽しむことができました。

 

11月には最終作の「星を喰らう者」が公開される予定ですが、ユウコは無事なのかゴジラに人間は再び敗れることになるのか大注目になります。