RKの備忘録

ITベンチャーで特命業務を担当しています。日々の生活や趣味・読書(主に法律関係)などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【書庫】Fintech法務ガイド(第2版)(商事法務)

銀行法が改正されたり、仮想通貨の流出など何かと話題を集めるFintech領域全般について法律分野別ではなく提供するサービス単位で解説する「Fintech法務ガイド」の改訂版が出版されましたので購入しました。

本書は、初版から1年半で改訂版が出版されており、当該分野の議論や立法が短い期間で進んでいることを感じます。

 

【書評】

本書は、法律単位ではなくサービス単位で章立てを構成しており

具体的には

1 決済

 ①ITと連携した決済サービスの提供

 ②スマートフォン決済

 ③多様な送金サービス

 ④ポイントサービス

2 融資・投資

 ①トランザクションレンディング

 ②ローンの取次

 ③ソーシャルレンディング

 ④クラウドファンディング

 ⑤ロボアドバイザー

 ⑥おつり投資・貯蓄

3 保険

4 仮想通貨

5 電子決済等代行事業者

といった分類(そのほかに電子債権やデータ利用なども別立てで記載)されています。

そのため、通読するのではなく、検討するサービス単位で調べることができるため事業企画から相談があったときの一時的な調査において役立ちます。

また、Fintech領域は、立法以前に各種審議会や検討会での議論が中心となっています。

そのため、検討会等における検討状況をフォローしておく必要がありますが、過去のものについては議論経過、現在議題に上っているのはその旨を掲載しており、必要に応じて検討会の資料等までさかのぼることができるため「ガイド」として十分な役割を果たしているように感じます。

 

ただ、分野が広いだけに一つ一つのQ&Aおいては概要や手続きにしか触れていない部分も多く、その部分については類書で補う必要があります。

本書のFintech全般における「ガイド」という位置づけからは仕方がない部分でもありますが、もう少し踏み込んだ部分があっても良いのかもしれません。

 

少数の法務担当者で業務を行っていたり、予算の少ない部門で下調べをするには十分な分量ですので改訂ペースが速いですが購入する価値はあるかと思います。

Fintech法務ガイド〔第2版〕

Fintech法務ガイド〔第2版〕

 

 

【書庫】法務担当者のための国際商事仲裁の基礎知識(中央経済社)

外資系企業との取引の中でときどき見かける仲裁に関する規定を見かけるのですが、いつも定型的な契約(変更不可能)が多いため気にすることすらありませんでした。

ただ、最近はセミナーなどの案内でも商事仲裁に関するものが増えてきたので、何も知らないのは微妙かと思い一冊書籍を購入してみました。

 

【書評】

「国際商事仲裁の基礎知識」についてQ&A形式で、

  • 仲裁に関する規定
  • 仲裁の申立て
  • 仲裁に関する審理・手続き
  • 仲裁判断の執行

について取り上げている本書は、訴訟と比較して商事仲裁にどのような特色があるのかを取り上げています。

そのため、訴訟手続き(日本法は当然のことながら米国における訴訟を含む)を理解している者からすると分かりやすい章立て、記載になっています。

 

仲裁機関が多数あるためICC・SICA・JCAAを中心に取り上げていますが、それらについてもニューヨーク条約など国際的なルールと各団体の規則の同一性や差などを取り上げるなどの工夫があるほか、各種規則のURLが掲載されており原典を探すことも容易です。

海外に関する書籍については頻繁に改定することが望めないため、原典があるURLなどが明記されているのは一つのアドバンテージだと思います。

国際的な取引を担当することになった時点で、まずは土地勘を持つために購入して読んでみても良い本なのではないかと思いました。

Q&A法務担当者のための国際商事仲裁の基礎知識

Q&A法務担当者のための国際商事仲裁の基礎知識