RKの備忘録

趣味や仕事などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【映画】「ひるね姫~知らないワタシの物語~」を鑑賞しました。

縁がある岡山県倉敷市児島(下津井)が舞台ということで、三連休初日はレイトショーで公開開始日に「ひるね姫~知らないワタシの物語~」を鑑賞してきました。

若干ネタバレもありますが感想を掲載しておきます。

 

ひるね姫~知らないワタシの物語~

 (ストーリー)

岡山県倉敷市父親と暮らしをしている女子高生の主人公ココネが東京オリンピックの開会式3日前に父親が逮捕され東京へ連行されたことから、解決するために東京へ向かう。

ココネが眠ると見る夢が現実とつながっていて起きている事態を解決するために大きなカギを握っている。

 

(感想・ネタバレを含む)

・ラブストーリーとうたわれていますが完全にSFになります。

・舞台が倉敷児島といううたい文句だでしたが、最初と最後だけで児島だった意味がよく分からない。

・昼寝するとココネが夢を見てそれをもとに行動するというのではなく、夢の間に勝手に物語が進んでいる。

 坂出から大阪への移動は自動運転だからわかりますが、東京お台場についてから最後のシーンの手前まではほとんど夢の中です。

・夢と現実がミックスしすぎて最後の方はよくわからない。ココネが夢が自分の物語ではなく母の物語ということに気が付いたからなのかもしれませんが。

 

・伏線ではなく設定に単なる突っ込みどころが多い。映画自体にメッセージ性がないので単にストーリーとして楽しめるかどうかが全て。

タブレットのみに自動運転のプログラムのプロトタイプがあるという設定ですが、普通に考えて日常利用しているタブレットに保存するのは不自然。

羽田空港はプライベートジェットの発着を認めていないので、高松空港からプライベートジェットだと成田空港にしか行けません(というより、フライト許可を取るのに時間がかかるので定期便の方が早いはずです)。

 

まあ、テレビCMの感じだと、もうメッセージ性があったりと少し難しい映画なのかなぁと思っていましたが、単純な分だけ難しいことを考えずに見れば楽しめはしました。 

 

売り方的には「君の名は。」を真似た感じですが、映画のストーリーやメッセージ性がないのでそこまでの大人にはあまり向かないかもしれないですね。

 

【映画】秒速5センチメール(2007年 新海誠)

君の名は。」をきっかけに新海誠監督の映像に関心を持ったのですが、地上波で2007年に上映された「秒速5センチメートル」が放映されたので視聴しました。 

秒速5センチメートル [Blu-ray]

秒速5センチメートル [Blu-ray]

 

秒速5センチメートル

キャッチコピーは「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。」題名の意味は「桜の花びらが舞い落ちる速度」。

「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の三部構成になっており、それぞれ主人公の貴樹の中学1年生まで、高校3年生、社会人が描かれています。

男女の時間と距離感を絶妙なリズム感と映像で観せています。

 

「桜花抄」

相互に特別な思いを寄せている貴樹と明里が離れ離れになり、貴樹が明里に会いに行くという物語。

大雪による電車の遅延で会えないのではないかと思ったり、会えた時の感動はありました。

手紙を渡せていれば違った結末があったのでしょうか。

小さい時の切ない思い出が蘇るノスタルジーな雰囲気がありました。

 

「コスモナウト」

貴樹が種子島へ転校し、そこで出会った花苗が好意を寄せるが叶わないという物語を花苗目線で。

いつも近くにいるのに遠くを見ている貴樹に好意を寄せ叶わない事を理解する過程は切ない物語でした。

 

秒速5センチメートル

社会人となった貴樹に関する物語。

衝撃なのは、明里が東京で別の男性と結婚する、貴樹と明里が踏切ですれ違い貴樹が振り向いたところ電車が通り過ぎ会えないというラストです。

 

互いにずっと特別な想いを寄せているにも関わらず結ばれない(会えない)2名に切なくなりました。

ただ新海誠監督のMVのようなリズム感じゃ無ければ途中で辛くて観れなくなるかもしれません。

 

必要最小限の言葉のみで話が進み、映像の雰囲気で感じさせるところは作風なんだなぁと強く思いました。

言葉が少ないからそれぞれの言葉が印象的になります。

 

結局「君の名は。」で三葉と瀧が出会えるラストシーンがハッピーエンドで尚更感慨が深くなりました。

もう一度「君の名は。」を観に行きたいなぁと思いました。

下北沢トリウッドへ行こうかしら…

 

 

秒速5センチメートル [Blu-ray]

秒速5センチメートル [Blu-ray]