RKの備忘録

ITベンチャーで特命業務を担当しています。日々の生活や趣味・読書(主に法律関係)などについて適当に発信していきます。

【旅行】北海道の旅㉚~函館塩ラーメンの元祖「麵厨房あじさい 本店」

スポンサードリンク

函館といえば塩ラーメンが有名ですが、函館は美味しいものが多いこともあり2021年春に函館空港で一度食べただけで街中でラーメン店を訪問できていませんでした。

 

2021年秋の訪問時には念願かなって函館塩ラーメンとして有名な「麺厨房あじさい」を訪問することが出来ました。

 

「麺厨房あじさい」は函館市内に五稜郭周辺・JR函館駅・ベイエリアと3店舗ありますが、せっかくなので五稜郭の隣にある本店を訪問してきました。

 ※ 2021年9月までは横浜ハンマーヘッド店がありましたが、現在は関東に店舗がありません。

 ※ 2021年末にZIPのコーナーで紹介されていましたが、その前に行きました。

 

訪問先 :麺厨房あじさい 本店

住所  :北海道函館市五稜郭町29-22

アクセス:市電五稜郭公園前から徒歩10分程度。五稜郭タワーの向かいです。

     無料駐車場が7台ありますが、五稜郭観光を兼ねてくる場合には有料ですが函館市芸術ホール駐車場など近隣の駐車場の方が利便性が良いかもしれません。

 

(外観)

f:id:RKFN:20220106222825j:image

市電「五稜郭公園前」から歩いていくと、五稜郭タワー、ラッキーピエロ五稜郭公園前のある交差点に「あじさい本店」があります。

あじさい本店は2階にありますが、1階の「カフェ北一・函味彩館」もあじさいが運営しています。こちらはソフトクリームや軽食、お土産などがメインなのでラーメンは食べられません。

駐車場は建物左側なので571号から直接ときわ通に右折してきた方が駐車しやすいです。


f:id:RKFN:20220106222822j:image

ラーメンの看板の隣があじさい本店の入り口になります。階段を上って2階に向かいます。コロナ前は階段の下まで並んでいましたが、この日は待たずに入店できました。

 

(内装)

f:id:RKFN:20220106222924j:image

階段を上がると券売機があるので、注文はこちらで行います。

「あじさい」だから塩ラーメンと思って行ったのですが、醤油ラーメンやカレーラーメンなど種類豊富で一瞬悩みました。

 

(厨房側)
f:id:RKFN:20220106222930j:image

店舗中央のカウンター的な席に案内されましたので、厨房側の様子を。

3分の1ぐらい席は埋まっていましたが厨房内は1名のように見えました。


f:id:RKFN:20220106222928j:image

交差点にあるラッキーピエロの看板が見えます。

ビルの下からだと狭そうに見えますが58席あるので店内は思ったよりも広め。

 

(ラーメン)

f:id:RKFN:20220106222946j:image

初めての訪問なので、一番有名な「味彩塩拉麺」(あじさい塩ラーメン)にしました。

あっさりとした透き通ったスープにストレート麺、上にはチャーシューが載っています。

 

体に優しい感じのスープで毎日食べても飽きない感じの味、これぞ町のラーメン屋という感じです(意味不明)。

最近流行のパンチが効いたラーメンが好きな人からすれば物足りないのかもしれませんが、私はこれぐらいのあっさりさが気に入りました。

 

餃子やザンギなどサイドメニューも美味しそうなので、次回函館に行ったときには再度寄りたいなと思います。