RKの備忘録

ITベンチャーで特命業務を担当しています。日々の生活や趣味・読書(主に法律関係)などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【書庫】AIビジネスの法律実務(日本加除出版)

最近は第三次AIブームと言われており「AI」の二文字をニュースで見かけない日がありません。

2017年はAIに関する書籍が増加しましたが法務関連でも複数出版されています。

 

今回は「AIビジネスの法律実務」とど真ん中のタイトルに加えて「鋭く切り込む」という枕書きから、新たな発見があればと購入してみました。

AIビジネスの法律実務

AIビジネスの法律実務

 

 【書評】

本書ではAIを活用した業務改革・類書との比較では

  • 「AIと労働」というテーマで労働(法)分野への影響を取上げており、「AIによる業務命令」「AIによる配置転換」といった判断そのものをAIが行う場合の問題点(課題)を取り上げている。
  • コンプライアンス・内部統制における不正防止(検出)においてAIの活用可能性があること
  • AIと軍事という形で、民間ではあまり触れることがないAIの兵器利用について取り上げる

という部分が特徴になります。

 

ただ、「鋭く切り込む」とされていますが

  • 分量の問題もあるが、各分野において中心は既に発生している事例や起きうる可能性を紹介することにとどめており類書と比べて物足りなさが残る
  • 「法律実務」とはあるものの各論点について頭出しにとどめており、これからAI関連について調べてみるときの入門書的な位置づけ

という部分が若干あおり気味なため類書を読んできた中では不満でした。

(内容については参考になる部分もありますが、期待値という意味でガッカリ感はあります。)

 

ビジネスに関する記載については「いちばんやさしい人工知能ビジネスの教本」の方が詳しく、自動運転などの法律論については「Iot・AIの法律と戦略」の方が詳しいというのが読んだ上での感想になります。

【書庫】いちばんやさしい人工知能ビジネスの教本(インプレス) - RKの備忘録

 【書庫】IoT・AIの法律と戦略(商事法務) - RKの備忘録 

IoT・AIの法律と戦略

IoT・AIの法律と戦略