RKの備忘録

趣味や仕事などについて適当に発信していきます。

スポンサードリンク

【書庫】平成28年度重要判例解説(ジュリスト4月臨時増刊)

 司法試験受験生のころから購入していた重要判例解説が発売されたので、毎年の風物詩として、また私自身の勉強用として購入しました。

 

 ざっと目を通しましたがとりあえず次の判例についてはちゃんと理解しておこうと思いました。

 

憲法

・再婚禁止期間を定める民法733条の違憲判決(最高裁平成27年12月16日)

検索エンジンサービスとプライバシーの法的保護(平成29年1月31日)

 ⇒ 原審を取り上げる予定だったのが最高裁判決が出たので差し替えたのかしら?

 

民法

・反社会的勢力が判明したときの保証人の責任(最高裁平成28年1月12日)

 

【租税法】

Yahoo!事件(最高裁平成28年2月29日)

 

【労働法】

労働事件は働き方改革の流れもあって色んな論点で判断が出ています。

特に同一労働同一賃金の問題についてはガイドライン案も出ているので非正規雇用を抱える企業では要注意になりそうです。

・医師に対する割増賃金支払い義務の有無

山梨県民信用組合事件

トヨタ自動車事件

・長澤運輸事件

・ハマキュウレックス事件

 

【経済法】

クロレラチラシ配布差止請求事件

 ⇒景品表示法上も消費者契約法の「勧誘」の概念を考えるうえでも先例として意味を持ちそう。

 

【知的財産法】

検索連動型広告と商標権侵害(大阪地裁平成28年5月9日)

 ⇒ 他社の商標のキーワードを入札するということを間違ってやってしまう可能性がありますからね。

 

全部読もうと思うと結構な時間と労力が求められる本です。

ただ、普段は実務系の書籍が多いので、年1回ぐらいは基礎体力をつけるための判例の学習の機会ということで、ちゃんと勉強しようと思います。

 

*1:ジュリスト臨時増刊

*2:ジュリスト臨時増刊

*3:ジュリスト臨時増刊

*4:ジュリスト臨時増刊

*5:ジュリスト臨時増刊

*6:ジュリスト臨時増刊